忍者ブログ

Palais de Reine

血の繋がりはなく生い立ちや背景はバラバラなものの                   それらを『個性』として認識し、血より濃い信頼と結束力を持っている。 
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。




武道一筋、そしてかなりの負けず嫌いな性格。
格闘に関しては人一倍自信があり負け知らずで通ってきたが
彼に片膝をつかせた者が居る。
その者とはジェシカ・スワンティーニ。
結果、その闘いはカッツェが勝利したが女(?)に片膝をつかされたと云う事実は
彼にとっては今まで生きてきた中で最大の屈辱だったらしい。
しかしジェシカの正体を知らない為、いまだに女だと思っている。
(当のジェシカはそんな出来事は綺麗さっぱり忘れ去っている)

ジェシカと勝負をして完勝するのが現在の目標。
寝ても覚めてもジェシカの事ばかり考えている。
傍からみるとそれは恋ではないかと思われているが、
本人は全く気付いていない。(筋肉脳)
(ある出来事から意識するようになるが、それはまた別のお話…)

女リボルドウェ兵のリエヌとは一戦交えた仲。
リエヌの方はカッツェにほのかな恋心を抱いているようだが、
カッツェはリエヌの事を性別を超えた親友だと思っているので
異性としては見ていない模様。
…リエヌの気持ちに全く気付いていないところも筋肉脳である。

ロルクの事を(男装している)女と思っている為、
『アイツ(セラス)の変態趣味に付き合わされて大変なヤツだ…』と
勝手に同情&思い込んでいたりする。

ジェシカが彼氏宣言し紹介されたセラスが非常に気に食わないらしく、
会えば険悪な雰囲気になる。
(勿論ジェシカの嘘で、セラスは完全否定しているがカッツェは聞く耳持たず)

彼がいつ、自分の気持ちに気付くのか
それは誰にも解らない。


Character story
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・




・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
ジェシカとの再会編や意識編は出来上がってはいますが
形にするのが一苦労。
ジェシカが女の子なら報われてたのに…と思うと、
少し可哀想な人です。(笑)

拍手

PR

Name
E-mail
URL
Title
Color Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
Password
 
TBURL
記事URL

Profile

HN:
R /隆艶(ものぐさ)
過去開拓日誌はこちらへ。
ブログについてはこちらへ。

ヴァーンシュタイン家門(63+3)
アイオライト(元ガネ&ラピ)
PalaisdeReine党 元党首
※このアカウントは引退しております。


【Copyright】
無料オンラインゲーム グラナド・エスパダ プラス
Granado Espada Plus " ©2003-2009 IMC Games Co. Ltd. All Rights Reserved. Published by Hanbit
Ubiquitous Entertainment Inc.

GE Webring

GE Webring
Back | List | Randam  | Next
忍者ブログ [PR]
Copyright(c) R /隆艶(ものぐさ). All rights reserved.
Powered by 忍者blog
Template Designed by miu_uim