忍者ブログ

Palais de Reine

血の繋がりはなく生い立ちや背景はバラバラなものの                   それらを『個性』として認識し、血より濃い信頼と結束力を持っている。 
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。




ギーズの義理の兄にあたる。
ギーズの母が不貞を犯し出来た子で、ギーズが生まれる前は
ヴァーンシュタイン家の当主となる予定だったが
先代当主に実の子ではないと云う事実を知られてしまった為、
家督相続権から外される。

ギーズの顔に生涯残る傷をつけたのはデュランが15歳、ギーズが8歳の時。
先代当主の怒りを買い、殺されはしなかったものの
ヴァーンシュタイン家から追放された。
しかし、ギーズ自身は自分を傷つけたのがデュランだと知らず、
デュランは自分が生まれてきた為にヴァーンシュタイン家を
追いやられたと思い込み、デュランに対して負い目を感じている。
デュランはそのギーズの心を巧みに利用し、
意地悪く弄ぶのが楽しくて仕方がない様子。

家来であるエドワードはとある名門家から攫ってきた少年。
自らマインドコントロールを施し、手先のように使う。

『支配』する事に異様に固執している。
少し幼児性愛のケがあり。
キャルに目をつけ、虎視眈々と接近する機会を伺っている。

聖魔水でギーズにエドワードを差し向けたのは、
勿論、内情を知る為でもあるが
ユルゲン・プルホレンの境遇を少し自分を重ねたのもあるらしい。
開拓を通し、色々と想いに耽る事が増えたようだが、
ヴァーンシュタイン家やギーズに向ける憎しみは変わらないようである。


Character story
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・




・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
設定上、ユルゲンと絡めてみました。(笑)
デュランの話もまた更新したいと思います。

拍手

PR

Name
E-mail
URL
Title
Color Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
Password
 
TBURL
記事URL

Profile

HN:
R /隆艶(ものぐさ)
過去開拓日誌はこちらへ。
ブログについてはこちらへ。

ヴァーンシュタイン家門(63+3)
アイオライト(元ガネ&ラピ)
PalaisdeReine党 元党首
※このアカウントは引退しております。


【Copyright】
無料オンラインゲーム グラナド・エスパダ プラス
Granado Espada Plus " ©2003-2009 IMC Games Co. Ltd. All Rights Reserved. Published by Hanbit
Ubiquitous Entertainment Inc.

GE Webring

GE Webring
Back | List | Randam  | Next
忍者ブログ [PR]
Copyright(c) R /隆艶(ものぐさ). All rights reserved.
Powered by 忍者blog
Template Designed by miu_uim